01.
02.
03.
04.
05.
06.
07.
08.
09.
 
Activity report 04.
活動報告
2012年度
2012年度中四国地域医療フォーラム2013/03/10
平成25年3月10日、2012年度中四国地域医療フォーラムが松山で行われました。地域枠学生のキャリアパスについて発表し、どういった教育が望ましいかについて各班で協議しました。他県の取り組みや抱えている悩みを聞くことができ、参考になりました。いいロールモデルとなる先生からの熱い指導、地域の温かい歓迎が重要なポイントになるという点はどの県でも同意見でした。
平成24年度(2012年度)報告書完成2013/02/25
岡山県地域医療支援センターは平成24年2月に岡山県庁内に設立されました。岡山大学支部は同年4月に設置され、キャリアモデル案の刷新各種セミナーなど、地域枠医師のキャリア形成支援や意欲を持って着任できる環境整備などの活動に微力ながら取り組みを始めることが出来ました。2012年度の活動内容をまとめた報告書を作成しました。
総社市山手地区地域包括ケアワークショップ2013/02/18
平成25年2月16~17日、ふれあいセンター山手、サンロード吉備路にて。岡山大学地域総合研究センターの企画したワークショップにファシリテーターとして協力しました。岡山大学、岡山県立大学の学生、教員合わせて約40名が参加しました。
医学生講義「医療コミュニケーション」2013/02/10
平成25年2月8日に地域医療体験実習Iへ参加する岡山大学医学科3年生42名に対して講義を行った後、模擬患者さんとの実習のファシリテーターを務めました。
医学生講義「スタンダードプリコーションズ」2013/02/03
平成25年2月1日に地域医療体験実習Iへ参加する岡山大学医学科3年生42名に対して講義と実習オリエンテーションを行いました。
第1回 ケアを考えるセミナー「あなたを支える・明日に繋げる」2013/01/25
医療人キャリアセンターMUSCATの企画に共催しました。
■平成25年1月23日開催
■第1回 ケアを考えるセミナー「あなたを支える・明日に繋げる」
『地域だからこそできること~介護・看護に思いを寄せて~』
■演者:山谷 冨美枝 先生(医療法人敬和会 近藤病院 統括看護部長)
■場所: 地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)3F MUSCAT Hall
シミュレーショントレーニング in 備前2013/01/25
平成25年1月22日、吉永病院併設総合保健施設にて。吉永病院、岡山大学大学院地域医療人材育成講座と共催で、MUSCAT Simディレクターの万代先生によるシミュレーション講習会を吉永病院併設総合保健施設にて開催しました。 シミュレーターを用いて、一般的なBLSに加え、ACLSの一部、不安定患者の初期対応について学びました。東備地区の医療機関に広く参加を呼びかけ、7施設から28名の方が参加しました。こうした取り組みを通して、地域の医療力・教育力の向上を図って行きたいと思います。
リーフレット作成2012/12/27
地域医療支援センター本部と協同し、地域医療支援センターのリーフレットを作成しました。
第4回新見市地域医療ミーティング推進協議会2012/11/29
平成24年11月27日、新見市の地域医療ミーティングに参加しました。(1)医療従事者の確保対策、(2)新見市における医療のあり方(各医療機関の連携方法など)の検討を目標としているとのことでした。各方針の経過の確認が行われた後、平成25年2月3日に開催予定の「看護就職フェア(新見版)」や、新見市Webサイト内の医師募集ページの内容について協議が行われました。
第3回 岡山MUSCATフォーラム2012/11/25
医療人キャリアセンターMUSCATの企画に共催しました。
■平成24年11月23日開催
■第3回 岡山MUSCATフォーラム
『Front runnerと語る−グローバル時代の医療人として-』
■演者:赤津 晴子 先生(米国スタンフォード大学内分泌内科 准教授 Clinical Associate Professor, Medical Director Thyroid Cancer Program, Director Stanford − Japan Program)
■場所: 地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)3F MUSCAT Hall
真庭市美甘地域医療ミーティング2012/11/15
平成24年11月14日、真庭市美甘地区の地域医療ミーティングに糸島センター長、浜田教授(岡山大学医学部医療政策・医療経済学)と共に参加しました。近隣の施設である片岡医院の片岡院長から、美甘地域の現状について解説していただきました。地域の診療所が2つ閉鎖され、湯原温泉病院から週2回の応援による診療体制の地域ですが、落合地域との病診連携がうまくいっており、それほど困った状況ではないとのことでした。住民からも概ね同意見が述べられましたが、小児救急体制に不安があるとの声も見られました。今後は、日頃の保健活動の推進、健康診断受診率の向上、交通手段の確保等の課題に取り組んでいくこととなりました。
真庭市北房地域医療ミーティング2012/11/10
平成24年11月7日、真庭市北房地区の地域医療ミーティングに糸島センター長、浜田教授(岡山大学医学部医療政策・医療経済学)と共に参加しました。さくもとクリニックの作本院長から、北房地域の現状として、地域住民、社会福祉協議会、民生委員、愛育委員、医師らが協同して認知症患者や高齢者世帯を支援する「上水田ふれ合い助け合い隊」の活動をご紹介いただきました。北房地域では、診療所が効率的に配置され、地域との良好な関係を築き、落合地域との病診連携がうまくいっているとのことでした。課題として、交通手段の確保、見守りが困難な事例への対応などが挙げられました。
シミュレーショントレーニング in 湯原2012/10/25
平成24年10月24日、湯原温泉病院で開催されたMUSCAT Sim ディレクターの万代先生によるシミュレーション講習会に協力しました。湯原温泉病院の看護師、技師、理学療法士、事務職員等約20名に加え、実習に来ていた地域枠学生も参加し、一般的なBLS、不安定患者の初期対応について学びました。
大学院生講義「疫学者から見た地域医療」2012/09/12
平成24年9月11日開催。老年医学・緩和医療特論IIを受講する岡山大学大学院生1名に対して講義を行いました。「地域医療」をどう定義するか、地域医療がうまく成り立っている状態をどう考えるか、地域医療の関係者は誰か、これからの状況の変化がどう影響するか、などについて討議を行い、どのように地域医療に関わっていくべきか協議しました。
多職種連携と地域包括ケアのワークショップ in 美作2012/09/04
平成24年9月1日(土)~2日(日)美作市ゆのごう美春閣にて開催。岡山大学医学部医療政策・医療経済学の浜田教授の企画したワークショップにファシリテーターとして協力しました。岡山大学、川崎医療福祉大学、新見公立大学、美作大学、旭川荘厚生専門学校の院生・学生46名と教員10名が参加しました。
地域枠学生・自治医科大学生合同セミナー in 湯原2012/08/25
平成24年8月18日(土)~19日(日)開催。将来、岡山で共に働くこととなる岡大・広大の地域枠学生、自治医科大学生が集まり、共に学び、交流を深める機会として、地域枠学生・自治医科大学生合同セミナー in 湯原を岡山大学 大学院地域医療人材育成講座と共催で開催しました。学生33名、スタッフ・ゲスト15名が参加しました。
岡山駅に集合し、バスで湯原へ向かいました。湯原温泉病院にて自治医科大学出身の岡副院長から、真庭圏域における地域医療の現状についてレクチャーをいただいた後、野村院長らに施設を御案内していただきました。ホテルに移動し、真庭市井手市長、真庭市医師会本山会長、金田病院金田理事長から真庭市の特徴、医療機関の連携、病院コンシェルジュの取り組み等について御講話いただきました。しっかり勉強した後は食事をしながら意見交換を行い、交流を深めました。
2日目は岡山大学大学院地域医療人材育成講座の佐藤教授、片岡教授を講師として、老々介護に関する状況や今後のキャリアについて考えるワークショップを行いました。大学や学年を越えて積極的に意見を交わす姿が印象的でした。昼食後に集合写真を撮り、帰路につきました。
オープンキャンパスへの協力2012/08/10
平成24年8月3日に行われた岡山大学医学科のオープンキャンパスに協力しました。午前の部・午後の部と合わせて974名が参加したとのことでした。地域枠相談コーナーを設け、地域枠学生・県庁職員と共に高校生・保護者からの質問に対応しました。
医学生・大学院生講義「実習に行く前に」2012/07/25
平成24年7月24日に開催。早期地域医療体験実習へ参加する岡山大学医学科1年生14名に対して講義を行いました。
キャリアモデル考案・地域医療人材育成講座広報チラシを刷新2012/06/25
岡山大学大学院地域医療人材育成講座と協同で、地域枠学生の卒後キャリアモデルを考案し、県庁の地域枠リーフレットおよび地域医療人材育成講座広報チラシを刷新しました。
医学生講義「情報の取り扱いについて」2012/05/25
平成24年5月22日に開催。岡山大学地域枠学生に対してミニレクチャーを行いました。 また、広島大学ふるさと枠学生、自治医科大学生にも送付し、自習を促しました。