01.
02.
03.
04.
05.
06.
07.
08.
09.
 
About the Center 03.
センターについて
4つの役割
地域医療の魅力の発信
オープンキャンパスや高校訪問等にて地域医療の魅力と実情を説明し、将来地域医療に携わりたいという希望を持つ高校生等に情報提供を行っています。

地域医療実習
地域医療の現場を早期に体験することで学習のモチベーションが向上します。地域医療実習の支援を行っています。

医学生合同セミナー
岡山の地で一緒に働くことになる地域枠学生と自治医科大学生が一堂に会し、望ましい地域医療のあり方を語り合い、議論を通して将来の仲間と交流を深める会を開催しています。

医師不足状況等の把握・分析
就業医師数、地域的分布、専門医の分布、指導体制等の実態を医療面、財政面等の観点から調べます。その分析結果に基づき、優先的に支援すべき医療機関や診療科について検討します。

地域枠卒業医師の派遣・配置
上記の分析結果と地域枠卒業医師のキャリアプランを踏まえ、へき地医療支援機構等と連携・調整の上、義務年限内に勤務する県内の医療機関を決定します。
キャリア形成支援
総合医、家庭医として地域で働きたい医師にも、専門医指向、研究指向を持つ医師にも、それぞれどのようなキャリアモデルが望ましいのか相談に乗ります。また、希望に応じて早期より大学各医局と繋げる早期ホームグラウンド形成支援を行 います。
また、女性医師に対しては、医療人キャリアセンターMUSCATと協力し、子育て等で現場を離れた医師のサポートを行っていきます。

助言と支援
派遣・配置する医療機関や市町村に対し、意欲をもって着任できる環境を整えられるように助言をします。また、医療機関の指導体制や近隣の他施設・保健所・地域医師会との連携を支援します。さらに、住民を含む地域医療関係者との良好な関 係の構築を助けるためにも地域医療ミーティングに参加し、各種研修会も開催します。
地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)、川崎医科大学附属病院臨床教育研修センター、津山中央病院医療研修センター等にて各種シミュレーションプログラムや講習会が行われています。当センターでは、地域の医療機関でのシミュレーション講習会の開催をサポートし、地域で勤務しながら、最新の医療技術を習得できる環境を整備します。